ボルゾイ子犬販売
ブログ カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
アーカイブ
カテゴリー
ベルサリウス物語 ベルサリウス写真館 キャスパー伝説
<< 青森からの情報 | main | ドッグショー・ショーチャレンジ >>
五月の連休
もう4月も後半にはいり、慌ただしい5月の連休が始まろうとしております。私たちは毎年忙しくドッグショーでバタバタの日が続きますが、

先日、こんなメールが入っていました。
ご紹介してみますね。


ゴールデンウィークへのカウントダウンが始まっています。
みなさんは、どちらへお出かけになりますか?

休みが始まる頃には、もう少し温かくなるので、ナニを着ていこうかな?
と思っている方も多いのではないでしょうか。

有給を使えば8日間の長期休暇になる今年は、
遊びも、レジャーも充分楽しみたい人も、
ゆっくり休みを満喫!なんて人にも、充実した日数。

そんな沢山ある休日の中に、ぜひ芸術に触れる日を作ってみませんか?

現在、東京六本木にある、国立新美術館でフランス印象派の巨匠
クロード・モネ(1840-1926)大回顧展が開催されています。

フランスのオルセー美術館だけではなく、国内やアメリカの主要美術館、
からも作品を集めた、類を見ない美術展です。

モネは、自然の光と色彩に対しての並外れた感覚を持つだけではなく、
それをキャンバスに落とし込む事ができる、類まれなる画家。

私たちが、日常で何気なく見ている風景も、モネの目を通して
表現されると、木々の緑が緑で無くなり、花の赤が赤で無くなる。

しかし、その絵を通して感じる風景には、木々の緑や鮮やかな赤い花が。
そこにはしっかりと存在をしているのです。

私たちはどうしても「常識」にとらわれた発想・表現をしてしまいがちですが
モネの絵を見ていると、ただ目に映った・感じたものを表現していく事が
人々の心を揺さぶる力があることを、教えてくれます。

六本木は、六本木ヒルズの森美術館、東京ミッドタウンのサントリー美術館
が並ぶ、ショッピングだけではない「芸術の街」という一面も持っています。

美術館で得た色彩感覚をもって、その後のお買い物に活かすもよし、
Cafeでの美術談義に花を咲かせるのもよし。

今年のゴールデンウィークは、芸術に触れてみませんか?
(終わり)
執筆者:江川述子(パーソナルカラーコンサルタント)
| ボルゾイ犬日記 | 18:21 | comments(0) |
コメント
コメントする