ボルゾイ子犬販売
ブログ カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
ベルサリウス物語 ベルサリウス写真館 キャスパー伝説
<< キング・クイーンそしてBIS | main | カッターアワー >>
ボルゾイアワー
BZ
プライドのグルーミングを手伝っているのは真奈美ちゃんです。
bz
イナバウワーを練習しているのはリサです。
bz
プライドと優しさにあふれた眼差しは五嶋ハンドラーでした。
bz
ベストインショージャッジは糸井欣司先生です。
bz
リサと、お隣が本日ベストインショーを取ったアフガンです。
bz
最近、やっとショーに出始めたリサです。ナカナカ出番が回ってこなかったのですが、そろそろ登場でした!
bz
今日の審査員は大阪の糸井先生でした。そして
ハンドラーは五嶋さん。エントリーはボルゾイファミリーでした!二重丸、◎
| ドッグショー | 14:52 | comments(2) |
コメント
こんにちは。
怒濤のショーレポート楽しい限りです。
糸井先生はゼミールの1才までハンドリング講習受けさせてもらいました。
その後引っ越ししてしまいましたので、ご無沙汰の勇姿です。
「まぁだ、そんなへっぴりの照れ屋さんかぁ」「いつまでも、そんなママっ子じゃおじさん怒っちゃうぞぉ」…とレッスン前にアフガン、秋田犬、ピレネー、ボルゾイ数頭の教室に怖じけずいて入れないゼミールに叱咤激励してくださりました。(もちろん繊細なアドバイスも)
その甲斐もなく、今やノーリードのシャルティや柴犬がいるグラウンドにすら入り込めません。
教室の生徒さんに「この子どこの子?」と聞かれて東京から来ましたって答えたら「大関さん所?だったらスパークの子?」っていきなりズバリで、うわぁマークされてるのかなぁ?と。
(というより大関さんの全国区でご高名な事を知らずに恥かきました…)
でも、私の目的はビビリ矯正(ボル同士なら仲良しになるかと思い…)だったので、中途半端で余計に悪化させただけでした。
真剣にショーイングにチャレンジしている皆様なのに糸井先生すみません。
ここで言っても意味ないか…

| ゼミママ | 2007/05/06 12:25 AM |
お久しぶりです。
美美璃は(かってに漢字で書いて見ました。)
少しは何とか克服できればいいですね。

色々で楽しい個体差ですね。
強い子もいれば、心が優しすぎる子もいますし、はてさて…というところでしょうか?

糸井先生はハンドラー時代、全米ナンバーワンのミニピンを引いていらっしゃって、そのミニピンは本当に素敵な子でした。

ちょっと懐かしい思い出しました。
若し、他で見かけたらどうぞよろしくお伝えくださいね。
| 大関京子→ゼミママへ | 2007/05/06 12:47 AM |
コメントする